ETC 割引縮減

一昔ほど旨味が無くなってしまったETCカードの割引

軽自動車ではありますが運送業の個人事業主者、つまり自営業でありますから、ETCカードについては当然ながら常によく利用しているのが現状です。

 

主な仕事と言うのは神奈川県の某市から長野県の某市へ印刷機器の部品を週に1から2回、定期的に運送してやる仕事でした。 そして、両市を往復するのに中央高速道を走るために当然ながらETCカードを利用しているものです。

 

 この間、当時としては大幅な割引制度というのがありまして、時間帯によっては特に通勤割引というのが5割引という制度が有って、この時間帯を上手に利用して割引制度を活用して走っていたのです。 ただ、この間においては100km以内という割引の制限がありましたが、実を言いますとETCカードを2枚作っておいて、この2枚を上手に利用するとこによって、ほぼ200km以内において5割引の制度が利用できたのです。

 

そして、更に先方に確認して土曜日を上手に利用する事によって期間帯に関係なく5割引という制度を活用できたのです。

 

因みに、神奈川県央部からですと相模湖ICから中央道へ乗る事になりますが、此処から100km圏内ですと長坂ICになります、実はこの時、此方で一端下りてETCカードを交換して、再び同ICから乗り込み、目的地の長野道の豊科IC(現安曇野)へ至るのです。 すると全区間が5割引の対象になるのです。

 

ところが、安部政権(現在の第2次安部政権)が発足するの及んで、国家経費の節減という目標達成のために、これ等の割引制度は殆どのように廃させられてしまったのです。 そして、現在、残されているのが土日祝曜日と夜間割引の3割引という、制度の一部しか残されていなくなりました。

 

 此れは当時としては個人事業者として大変ショックであり、収益のほうも大分軽減されてしまったのが実情でした。

 

 当初は安部政権を恨みましたが、此ればかりはしょうがない事で、今でも他の経費を節減しても何とか頑張っているところです。

 

ETCカード 自営業